スポンサード リンク

ほくろの除去法いろいろ 〜続き〜

ほくろの除去法にはいろんな種類がありますがここではレーザー治療以外のほくろの除去法を紹介していきます。

まず切除縫合法です。
ほくろの周囲をメスで紡錘形に切り取り、縫い合わせる治療法で直径が5mm以上の大きなほくろや、悪性の可能性がある場合に用いられます。ほくろの直径の約3倍ほどの一直線状の傷が残るのが難点ですが
化粧をすれば十分隠れる範囲ですね。また、この治療法は実際に切開してほくろを取りだすので、当然痛みを伴います。治療後3日程度は痛みが続きます。また傷跡がきれいになるまで2か月程度はかかるようです。

続いては電気メスです。
レーザーでほくろを削り取るように除去する治療法で直径が5mm以下の盛り上がったほくろに有効です。この治療法は、施術を行う医師の腕に左右され非常に加減が難しいです。深く削りすぎると傷跡が残りますし、浅すぎるとほくろを取り残してしまい、治療後もほくろが再発をする可能性があります。この治療を受ける場合は、腕の良い信頼できる医師を見つけてからにしましょう。ただ治療時間は5分と短いですし、施術当日に洗顔をすることも可能です。

続いてはくりぬき法と呼ばれる治療法で局所麻酔をして、円筒状の器具を用い皮膚をくり抜きほくろを除去していきます。くりぬいた皮膚は縫わずにそのまま軟膏治療を行います。この方法は、大きいほくろでは傷跡が目立ってしまうので、小さなほくろに威力を発揮する治療ですね。


これらのように、どのほくろの除去法も一長一短あるので
自分のほくろの状況をよく調べたうえで一番合ったものを
選べるかが重要になってきます。
posted by ほくろ at 14:14 | ほくろ除去いろいろ

ほくろの除去法いろいろ

単にほくろの除去をするといっても、いろいろ方法がありますし有名どころで言うとレーザー治療によるほくろの除去ですがレーザー治療にも種類があります。ほくろの状態によって、適している治療法が違いますので注意してください。ほくろの種類によっては全く効果のないものも
ありますので。

まずは炭酸ガスレーザー
別名レーザーメスとも呼ばれるものですね。水分と反応し熱を発生、瞬間的にほくろを蒸散させる治療法で、5mm以下のほくろや、盛り上がったほくろの治療に効果的とされています。治療時間もたった2〜3分で大丈夫ですし痛みもほとんどありません。ただ1回で終わることもありますし、3回程度治療を続けないといけない場合もあります。治療後も2週間程度は絆創膏などでほくろを除去した部分を保護する必要があるのが注意点ですね。

次はスイッチヤグレーザーです。
メラニン色素だけに反応するレーザー光で、周囲の細胞組織を傷つけることなく治療が出来る方法で、表面が平らなほくろに効果的です。麻酔の必要もありませんし、痛みも出血もありません。治療時間自体も大変短いので患者さんの負担が軽いのも特徴です。注意点としてはメラニン色素が原因のほくろには有効なのですがそれ以外のほくろだとまったく効果がありません。
posted by ほくろ at 13:54 | ほくろ除去いろいろ

ほくろをレーザー治療で除去

ほくろの除去の方法で最も知られているのがレーザー治療でしょうか。
テレビなんかでもちょくちょくやっていますが、レーザーをぱちっと当ててほぼ一瞬でほくろが消えてしまうやつですね。レーザー光は、エネルギーを一点に集中させ、高いエネルギーを作り出すことができます。治療したいほくろの部分のみにエネルギーをあてることが可能なので患者さんの負担が非常に少ないのが特徴です。

しかしほくろ除去をレーザー治療で受ける際は注意が必要です。レーザー治療というのは施術者の腕が影響することが多く悪質なところになると逆に赤く腫れあがってしまったりと、トラブルも結構ある治療法でもあります。ですので、ほくろをレーザーによって治療する場合は皮膚科の先生としっかり相談するようにしてください。

また、取りたいほくろが良性のものではなくメラノーマだったら大変なことになります。そのほくろがメラノーマだと気付かずに治療を受けてしまったらどうなるか・・・・レーザーを当てることにより、癌細胞が飛び散り最悪命を落としかねません。ですので、少しでもほくろがメラノーマの疑いがあるものは安易に除去するのではなくしっかり検査した上でほくろを除去するようにしましょう。
posted by ほくろ at 15:38 | ほくろ除去 レーザー治療

ほくろの癌

ほくろは、できる場所によっては縁起が良いなんて言われたりしますけど実はほくろがんという病気があるのをご存知でしょうか。ほくろは誰にでもある決して珍しいものではないので意外かもしれませんが、メラノーマ、悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種で、ほくろに大変似ているのでほくろ癌と呼ばれたりします。


非常に悪性度の癌なのですが、ほくろに似ているため発見が遅れることもあり治療が遅れると生命の危険にかかわってくる大変危険な病気なんです。ほくろ癌は色素細胞ががん化したもので、通常、この母斑細胞からメラノーマに変化していくことはないとする学説と、一部のものは変化することもありうるとする学説とがあり、まだはっきりとしていない部分があります。

ですので、通常のほくろだと思っているものがほくろ癌だったって事も
十分あり得るわけですね。例えば、以前からあるほくろが急に膨らんできて、血が滲んでいるような感じジュクジュクした感じ、痛みを伴う場合というのは注意が必要な症状ですね。早期に発見ができると手術によりほぼ完治ができる病気です。自己の判断で通常のほくろなのかほくろ癌なのか判別することは大変危険なことなので少しでも気になる人はすぐに皮膚科に行って検査を受けるのが良いでしょう。
posted by ほくろ at 22:05 | ほくろ癌

ほくろとは?

ほくろについての情報を集めてみました。

ほくろ(黒子、mole)は、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが重層したもの(しばしば持ち上げられた表皮が盛り上がって見える)を色素性母斑(pigmented nevus)あるいは母斑細胞性母斑(nevus cell nevus/nevocellular nevus)と言う(この場合、母斑を形成するメラノサイトを特に母斑細胞(nevus cell/nevocyte)と呼ぶ)。体表からは、黒く見えるのが一般的であるが、深い部分でのメラノサイトの増殖の場合、青く見えることもある(青色母斑という)。一般には過誤腫的なものと考えられているが、WHO分類分類では色素性母斑に限っては良性腫瘍として扱い、ICD-Oコード付けが成されている(8720/0など)。

日本語では古く「ははくそ(母糞)」と言った。文字通り「母胎内でついた母親の糞」の意であったが、鎌倉時代初期に色名の「くろ(黒)」とコンタミネーションを起こして「ははくろ(母黒)」という語が生じ、ハワクロ→ハウクロ→ホウクロという音韻変化を経て室町時代末期にホクロになったというのが通説である。

〜wikipediaより転載〜

ほくろはコンプレックスになって除去する人もいれば、逆にトレードマークにしてる人もいますよね〜椎名林檎さんや千葉ロッテマリーンズの里崎選手なんかが有名ですね。里崎選手なんてほくろをさわると落ち着くなんて言ってますからね♪ファンがほくろを触りに来たりするそうですよ。
posted by ほくろ at 01:50 | ほくろとは?

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。