スポンサード リンク

ほくろの癌

ほくろは、できる場所によっては縁起が良いなんて言われたりしますけど実はほくろがんという病気があるのをご存知でしょうか。ほくろは誰にでもある決して珍しいものではないので意外かもしれませんが、メラノーマ、悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種で、ほくろに大変似ているのでほくろ癌と呼ばれたりします。


非常に悪性度の癌なのですが、ほくろに似ているため発見が遅れることもあり治療が遅れると生命の危険にかかわってくる大変危険な病気なんです。ほくろ癌は色素細胞ががん化したもので、通常、この母斑細胞からメラノーマに変化していくことはないとする学説と、一部のものは変化することもありうるとする学説とがあり、まだはっきりとしていない部分があります。

ですので、通常のほくろだと思っているものがほくろ癌だったって事も
十分あり得るわけですね。例えば、以前からあるほくろが急に膨らんできて、血が滲んでいるような感じジュクジュクした感じ、痛みを伴う場合というのは注意が必要な症状ですね。早期に発見ができると手術によりほぼ完治ができる病気です。自己の判断で通常のほくろなのかほくろ癌なのか判別することは大変危険なことなので少しでも気になる人はすぐに皮膚科に行って検査を受けるのが良いでしょう。
posted by ほくろ at 22:05 | ほくろ癌

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。