スポンサード リンク

ほくろの除去法いろいろ 〜続き〜

ほくろの除去法にはいろんな種類がありますがここではレーザー治療以外のほくろの除去法を紹介していきます。

まず切除縫合法です。
ほくろの周囲をメスで紡錘形に切り取り、縫い合わせる治療法で直径が5mm以上の大きなほくろや、悪性の可能性がある場合に用いられます。ほくろの直径の約3倍ほどの一直線状の傷が残るのが難点ですが
化粧をすれば十分隠れる範囲ですね。また、この治療法は実際に切開してほくろを取りだすので、当然痛みを伴います。治療後3日程度は痛みが続きます。また傷跡がきれいになるまで2か月程度はかかるようです。

続いては電気メスです。
レーザーでほくろを削り取るように除去する治療法で直径が5mm以下の盛り上がったほくろに有効です。この治療法は、施術を行う医師の腕に左右され非常に加減が難しいです。深く削りすぎると傷跡が残りますし、浅すぎるとほくろを取り残してしまい、治療後もほくろが再発をする可能性があります。この治療を受ける場合は、腕の良い信頼できる医師を見つけてからにしましょう。ただ治療時間は5分と短いですし、施術当日に洗顔をすることも可能です。

続いてはくりぬき法と呼ばれる治療法で局所麻酔をして、円筒状の器具を用い皮膚をくり抜きほくろを除去していきます。くりぬいた皮膚は縫わずにそのまま軟膏治療を行います。この方法は、大きいほくろでは傷跡が目立ってしまうので、小さなほくろに威力を発揮する治療ですね。


これらのように、どのほくろの除去法も一長一短あるので
自分のほくろの状況をよく調べたうえで一番合ったものを
選べるかが重要になってきます。
posted by ほくろ at 14:14 | ほくろ除去いろいろ

ほくろの除去法いろいろ

単にほくろの除去をするといっても、いろいろ方法がありますし有名どころで言うとレーザー治療によるほくろの除去ですがレーザー治療にも種類があります。ほくろの状態によって、適している治療法が違いますので注意してください。ほくろの種類によっては全く効果のないものも
ありますので。

まずは炭酸ガスレーザー
別名レーザーメスとも呼ばれるものですね。水分と反応し熱を発生、瞬間的にほくろを蒸散させる治療法で、5mm以下のほくろや、盛り上がったほくろの治療に効果的とされています。治療時間もたった2〜3分で大丈夫ですし痛みもほとんどありません。ただ1回で終わることもありますし、3回程度治療を続けないといけない場合もあります。治療後も2週間程度は絆創膏などでほくろを除去した部分を保護する必要があるのが注意点ですね。

次はスイッチヤグレーザーです。
メラニン色素だけに反応するレーザー光で、周囲の細胞組織を傷つけることなく治療が出来る方法で、表面が平らなほくろに効果的です。麻酔の必要もありませんし、痛みも出血もありません。治療時間自体も大変短いので患者さんの負担が軽いのも特徴です。注意点としてはメラニン色素が原因のほくろには有効なのですがそれ以外のほくろだとまったく効果がありません。
posted by ほくろ at 13:54 | ほくろ除去いろいろ

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。